ごはんとお酒のおはなし

こよみ 

 

携帯百景 

よかったらおつきあいください

 

主な生息地ですw

Twitter 

ほとんどつぶやきません

 

いらっしゃいませ~ 

じわ~っときてもらってます

 

まったりして行ってね~♪

滞在者数 

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:
 

のんびりしていってね♪

ぺそぎん 

バロメーター 

 

検索フォーム 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークスポンサー広告
水色のクレヨンさんからリク(挑戦状?)頂きました「重曹豆乳鍋」を作ってみますた。
お料理の方はカクテルほどリクに応えられるか微妙ですが、おもしろそうだった(メニュー的な意味で)ので、チャレンジしてみました。
重曹豆乳鍋

お豆腐を重曹で溶かして作る豆乳鍋で、とても豆の味が濃くておいしかったです。
某グルメマンガで取り上げられたり、裏技的メニューとしてテレビで紹介されたこともあるようですが、少し前の話のようで、ネットで調べてもずばりのレシピがみつかりませんでしたので、てきとーに作ってみました。おもしろいお料理ですので、動画にもしてみるつもりで撮影もしましたが、何しろ編集がマンドクサいので、いつうpできることやら…

実は撮影済みのものが他に2つ、計3つの在庫持ち状態です。
せっかくリク頂きましたので、こちらから先に仕上げるつもりではいますが、気長にお待ちください。

かにかまほぐしのこつを教えてとの声もちこっと頂きましたので、副菜にはかにかまを使ってます。かにかまときゃべつとわかめのピリ辛和えです。この前作ったもののアレンジですね。
かにかま・きゃべつ・わかめのピリ辛和え

あ、それと、もしかすると数日間、ブログうpができなくなるかもしれませんので、ご了承ください。
お話したいことはいっぱいありますので、なるべくうpしたいと思ってますけどね。

その場合は、掲示板代わりにみなさんで盛り上がっていただけたら幸いです。
ここはみんながあつまる縁側ですから(^^)  
2008/11/30 00:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:11
お豆腐を重曹で溶かす???
そんな技、初めて聞きました!
豆乳鍋に「魚河岸あげ」を入れるとおいしいですョ。
ほうれん草と鮭の色が鮮やかで、目にもおいしそうです!
 
nuigurumi #JalddpaA|2008/12/01(月) 14:13 [ 編集 ]

ほんとに意外ですよね

個人的には完全に溶かしてしまうよりも、ふるふるのお豆腐を食べる湯豆腐がおいしかったです。(つまみ食いでつw)

重曹の量がポイントですね。多すぎると苦味というか、塩辛さが出てきてしまいそうで、せっかくのお豆腐の甘みがきえちゃいますし、少なければ豆乳鍋にはならないですし。もう少し実験が必要ですが、実験に写真は必要ないので、言いだしっぺの水色さんにお願いしましょうかw

ふるふる湯豆腐はどこかの温泉の名物だそうですよ
重曹泉のお湯でつくるそうです。 
ぽん #ZKhxdi3Y|2008/12/01(月) 16:59 [ 編集 ]

 おー 重要な点に気が付きましたね。そう重曹がポイントです あと豆腐の大きさもね。重曹は多くても少なくてもダメ。 確か俺の記憶が正しければ ・・・・・
豆腐 300グラム 水 200CC に対して 重曹 10グラム  かな 大さじ 2杯 
 
豆腐の大きさも 16等分くらいに切って煮込めば 豆乳ができるはずです。
具はお好みでもいいですけど 油揚げ を入れて食べると美味しいですょ

ぽんさん以外で 試しに作ってはどうですか。 重曹に注意してね
 
水色のクレヨン #-|2008/12/01(月) 21:58 [ 編集 ]

その情報、隠し持ってたのかー、結構悩んだよー(^^;)

調べでもわかんなくて、最終的に、お豆腐300グラム、水200cc、重曹小さじ5でやってみたよ。溶けるのに時間がかかるけど、これ以上重曹増やさないほうがいいなって思ったんだけど、結構いい線いってたんだ。
これならうpしても大丈夫そうだな。ほっ。 
ぽん #ZKhxdi3Y|2008/12/01(月) 22:06 [ 編集 ]

初めまして。
参加できるほど料理がうまくないので、楽しく拝見だけしています。

豆腐をお湯に入れているなら、豆腐を入れてから火にかければ重曹をもっと少なくできます。
ただの理科の知識ですが、重曹が豆腐を溶かすのはアルカリ性による中和作用ですが、高温(60度以上)だとタンパク質が凝固するので、重曹の効果が妨げられます。

40度ぐらいで1時間ぐらい放置とかが良さそうです。暇があったらやってみます。

普段やるときは、水1リットルに重曹小さじ1から2杯で、とろとろ豆腐入りの豆乳なべです。

 
take #-|2008/12/02(火) 19:33 [ 編集 ]

 いいね こういう解説 ちゃんとした説明も今後の料理では必要ですね

今の祭りにたいしても 
水色のクレヨン #-|2008/12/03(水) 01:12 [ 編集 ]

>>takeさん
はじめましてー(^^)
よろしくおねがいしますねー♪

いきなりの貴重な情報、ありがとうございます
これは、動画にするときに、みなさんにもお知らせしたい情報なので、お名前お借りしていいですか?
この情報があれば、完全版の重曹豆乳鍋が楽しめそうです。今回もおいしかったのですが、食べ続けると、すこし重曹が舌の奥に残る感じがありましたので、重曹を最小限に抑えるってのが、このお料理のポイントですよね。
バリバリ文系なぽんにはありがたーい情報ですo(*^▽^*)o~♪

>>水色さん
解説、とってもありがたいですよね
これで、ぼくらも動画視聴者に責められずにすみますね(^^;) 
ぽん #ZKhxdi3Y|2008/12/03(水) 09:45 [ 編集 ]

今日試してみました。

材料:
 豆腐(絹)1丁(350g)、水200cc程度、重曹小さじ3杯

手順:
 1. 鍋に水と重曹を入れ、重曹を溶かす。
 2. 豆腐を1cmのさいの目に切って鍋に入れる。
 3. 鍋を火にかけ、温度を40~50℃に保ち40分ほど待つ。たまに混ぜる。
 4. かき混ぜながら中火の弱火で加熱する。(吹きこぼれに注意。)

で完全に溶けました。3. の段階で混ぜているので豆腐は崩れています。
やってみた感じ、熱による凝固は関係ないかも。また、今回使った豆腐だと重曹小さじ2杯でも良かったかもしれません。

豆腐をつぶして重曹入りの水と混ぜて、木べらでかき混ぜながら弱火で時間をかけて加熱すれば簡単に溶けるような気がします。

そのあと豆乳鍋にしたのですが、職場のお茶を入れる為のコンロを使って仕事しながら作っていたので、ちょっと目を離したときに鍋底がこげてしまい残念なことになってしまいました。気をつけなきゃいけないことはわかってはいたのですが。
今度、職場にも個人用土鍋も用意しよう。

>>ぽんさん
名前を出すようなことではありませんのでご勘弁を。「なぜ溶けるかはググれ」で十分だと思います。
それに前のコメントはちょっと変なのでそのままでは突っ込みが入るような気がします。
ちゃんと説明するなら、「重曹(弱アルカリ性)が、にがりのなかの豆乳を固める成分(弱酸性)を中和するので溶ける」かな。でも実はこの説明も一部しか正しくなくてダメダメなんです。

 
take #-|2008/12/04(木) 00:41 [ 編集 ]

貴重な情報&実践報告ありがとうございます。重曹の量はお豆腐にもよりそうですね。でも、焦らずにじっくりつくることがコツというのはよくわかりました。お名前はだしませんが、この情報は動画でもお伝えしたいと思います。って、編集がいつ終わるか、あやしいかぎりなんですけどね(^^;) 
ぽん #ZKhxdi3Y|2008/12/04(木) 10:18 [ 編集 ]

 おー すげー 職場で豆乳鍋作ったのか TAKEさん ちと尊敬します。
前回掲示した作り方を、参考にして完成させたのですから、掲示してよかったと思います。こういう改善点をみつけるのも必要ですから、TAKEの料理知識に負けないように漫画で勉強します。 
水色のクレヨン #-|2008/12/04(木) 23:27 [ 編集 ]

さすが大魔王、余念がないねw

takeさん、レベル高いよね
料理は科学だって言ってる料理の先生がいるけど、まさにその通りだと思ったよ 
ぽん #ZKhxdi3Y|2008/12/04(木) 23:51 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://ponnnekosan.blog77.fc2.com/tb.php/80-20549085

プロフィール 

ぽん

Author:ぽん
のんびりが好きです。
あと、お料理とお酒とお寺が好きです。ニコニコ動画、携帯百景、YouTubeでお世話になってます。

 

動画関連プロフィール 

ニコニコ動画プロフィール

 
ニコニコミュ

 
うpしたもの







 
※ニコニコ会員以外の方はこちら
pon
 
※Stickam
pon
 
※YouTubeにも投稿してます
pon

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。