ごはんとお酒のおはなし

こよみ 

 

携帯百景 

よかったらおつきあいください

 

主な生息地ですw

Twitter 

ほとんどつぶやきません

 

いらっしゃいませ~ 

じわ~っときてもらってます

 

まったりして行ってね~♪

滞在者数 

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:
 

のんびりしていってね♪

ぺそぎん 

バロメーター 

 

検索フォーム 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークスポンサー広告
【この記事はコメント・トラックバック不可にさせて頂いております】

去年は勝手口ブログの方に記事を書かせて頂きましたが、勝手口ブログの方が更新をさぼりまくって休眠状態ということもありますし、より多くの人にお話しした方がいいかもと思いましたので、今年はこちらの方に書かせて頂きます。普段は明るい話題ばかりのこのブログですが、みなさんに発信できるブロガーという立場を利用して少し重い話をさせて頂きます。

タイトルを見て、関西地区にお住まいの方、関西に縁のある方はピンと来たのではないでしょうか?それ以外の方は何のことかわからないという方も多いと思います。15年という年月は、あれほどまでに衝撃的だった出来事も遠くに連れ去ってしまう年月だと思います。ぽんもぺんさんも幸いにして直接被災したわけではありませんが、当時ふたりとも関西在住でしたので、簡単には忘れられない出来事です。

発生から時間が経過するにつれて、テレビやラジオが被害の様子を明らかにしていきました。単なる数字ではない、命を積み重ねた数字ががどんどん増えてゆくのを目にして、「もう止まって!」と胸が締め付けられるような感覚に襲われたことは今でも鮮明に覚えています。報道から得られる情報だけではありません。自分の身の回りにも直接的な情報があふれかえります。肉親や親友・恋人とようやく連絡が取れて涙を流しながら喜ぶ人、そうではない残酷な結果を受け入れなければならなくなってしまった人・・・。昨日まで何事もない日常だったものが、この瞬間にすべてが変わってしまったのです。15年を経過してもなお、「震災」という言葉ですべてを表現してしまうのは軽々しい気がしますし、直接被災された方に対して「大変でしたね」と簡単に話しかけていいのかどうか迷います。

「命の尊さ」とひとことで言っていいのかどうかわかりませんが、あれほど「命」を感じたことは、プライベートな体験を除けば、他にはありません。当時を覚えている人は、おそらく同じような印象を持っていることでしょう。自分や自分の大切の人ではない、言い方は悪いですが「アカの他人」に対して「命の尊さ」を感じるという体験は、決して繰り返して欲しくはないですが、貴重な体験であったと思います。

もちろん、もう15年も経過したのだから、つらい過去は忘れ去って・・・という意見もあると思いますが、ぼくはせめて毎年この日だけでも思い出すべきだと思います。この日を「命」の重さ・尊さを再確認する日にしたいと思っています。ぼくは所詮、直接被災したわけではありませんから、今こうして語っている言葉も軽いものです。ですが、自分が当時感じたものを少しでも伝えるべきだと思っています。

命があること、大切な人と一緒にいられること、離れて暮らしていてもいつでも相手に会いに行けること、今日と同じように明日がやってくること・・・。日常が続くことに感謝しましょう。そして、それがどれほど貴重なことであるのか、どうか再認識してください。

1月17日 午前5時46分。
今年もまた、このときがやってきました。

合掌。  

プロフィール 

ぽん

Author:ぽん
のんびりが好きです。
あと、お料理とお酒とお寺が好きです。ニコニコ動画、携帯百景、YouTubeでお世話になってます。

 

動画関連プロフィール 

ニコニコ動画プロフィール

 
ニコニコミュ

 
うpしたもの







 
※ニコニコ会員以外の方はこちら
pon
 
※Stickam
pon
 
※YouTubeにも投稿してます
pon

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。