ごはんとお酒のおはなし

こよみ 

 

携帯百景 

よかったらおつきあいください

 

主な生息地ですw

Twitter 

ほとんどつぶやきません

 

いらっしゃいませ~ 

じわ~っときてもらってます

 

まったりして行ってね~♪

滞在者数 

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:
 

のんびりしていってね♪

ぺそぎん 

バロメーター 

 

検索フォーム 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークスポンサー広告
もやしSHAKI☆SHAKI♪



料理祭動画投稿しました~o(*^▽^*)o~♪
今日から毎日楽しみですね

うp主のみんながんばれ~
運営のみなさま、おつかれさまです
視聴者のみなさま、みんなで楽しく盛り上げていきましょう!
スポンサーサイト
 
2010/04/29 08:25| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークぽんの動画TB:0CM:4

3連弾!   

お誕生日カクテル企画やります。

初めてこの企画を目にする方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に説明しますと、いつもお世話になっている方に「お誕生日カクテル」と称して、勝手にカクテルを作って勝手に飲んじゃうっていう企画です。誰得って?もちろん、ぼくとぺんさんですよw

今回カクテルをお見舞いしちゃおうというお相手の方から、事前にこんなリクエストを頂きました。

フルーティーな甘いのw
ブラッディー・マリー好きです。
あ、お茶のカクテルなんてあったら、飲んでみたいです!
(こういうの 無茶振りっていうのかしらw


はい、ものすごくw
これ以上ない無茶振りですwww



冗談ですよw
こういうリクエストはかえって燃えます(^^)

なんとか、この条件をすべて満たすカクテルを作れないかと考えたんですが、どう考えてもおいしいものはできそうに無かったので、それぞれの条件にあうカクテルを作ってみました。

まずはズバリ名前が出ていたブラディーマリー。
本来はウォッカのトマトジュース割りのロングカクテル(時間をかけて飲むのに適したカクテルで、氷を入れたタンブラー等で供されることが多い)なんですが、そこはちょっとひねってショートスタイルにしてみました。

「ブラディーマリー・ショートスタイル」です。
IMG_0919(1).jpg

レシピは次の通りです。
・ウォッカ 30ml
・ミニトマト 2~3個
・トマトジュース 30ml
・レモンジュース 1tsp(ティースプーン1杯)
ボストンシェーカーでミニトマトをつぶしてシェークして、グラスに注ぐ。


今回はお塩でスノースタイルにして、トマトを飾ってみました。
こちらは料理動画でもご紹介したことのあるカクテルです。




続いてのお題「お茶のカクテル」

紅茶を使ったカクテルもあるんですが、今回はお茶そのものは使いません。緑茶や紅茶などのリキュールも使いません。紅茶を使わず、紅茶の見た目と風味を再現したカクテルを作ってみました。

「ロングアイランドアイスティー」です。
IMG_1326(1).jpg

レシピは次の通りです。
・ウォッカ 15ml
・テキーラ 15ml
・ドライジン 15ml
・ホワイトラム 15ml
・コアントロー 15ml
・レモンジュース 30ml
・シュガーシロップ 10ml
・コーラ 40ml(適量)
クラッシュアイスを詰めたグラスにコーラ以外の材料を注ぎ、コーラで満たし、
軽くステア(かき混ぜる)する


最近では結構メジャーになってきたのでご存知の方も多いと思いますが、紅茶を一滴も使わずに紅茶の味を再現するという魔法のようなカクテルです。ほんとにレモンティーの味がするんですよ。アルコールもあまりかんじません。見た目もアイスティーそのまんまですよね。でも、このカクテル、ロングカクテルとしてはかなり強いカクテル(15度前後・日本酒並み)で量も多いので気をつけないと大変ですw



さぁ、最後のお題「フルーティーな甘いのw」いってみましょう!
これはかなり自信作です。
オリジナルカクテルなので名前は仮の名前ですが、たぶん喜んでいただけるのではないかとw

「君たち キウイ・パパイア・マンゴーだね。」です。
IMG_1028(2).jpg

IMG_1017(1).jpg
個人的には「パパイヤ」なんですが、あの歌は「パパイア」表記でしたのでw

レシピは次の通りです。
・ホワイトラム 30ml
・フレッシュキウイ 適量(一口大のものを2つくらい)
・フレッシュパパイヤ 適量
・フレッシュマンゴー 適量
・フレッシュパイナップル 適量
・パッソア(パッションフルーツリキュール) 15ml
・シュガーシロップ 1tsp
ボストンシェーカーでフルーツをつぶして、シェークし、グラスに注ぐ。


レシピは具体的な数字を書いてますが結構適当です。
フルーツの分量がわかりにくいですよね(^^;)

フレッシュフルーツを使うカクテルはその都度、味が微妙に異なりますが、市販のジュースでは味わえないフレッシュな香りと味を楽しめますので、機会があればぜひご賞味頂きたいです。このカクテルも飲んだ人をしあわせにする香りと味の豊かなカクテルで、ぺんさんが一口飲んで「ふおぉぉぉぉぉ!」って声を上げて感激してました。ものすご~くおいしかったです♪♪♪



さて、ご満足頂けましたでしょうか?
飲んだぼくらは大変満足でございますw

お名前はないしょにしといた方がいいと思いますので・・・

お誕生日おめでとうございます
いつも各所でお世話になりまして、ありがとうございます
すてきな年になりますように(*^^*)
 
2010/04/25 08:41| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークカクテルTB:0CM:8

桜日記   

もうすぐゴールデンウイークだというのに、今頃さーせんw

ようやく今年の桜写真を記事にしました。
遅くなってしまいましたが、うちのご近所の桜を中心にお楽しみ頂きたいと思います。

とにかく大量に撮影しまくりましたので、厳選したつもりでも結構な枚数になっちゃいました。さらに絞り込むのもアレですから、撮影した日付別に記事を書き、この「桜日記」の記事からリンクで飛んで頂くことにしました。

携帯百景に投稿したものも多数ありますが、どの写真もクリックすると大きめの写真をご覧頂けますので、こちらでもお楽しみ頂ければ幸いです。お気に入りの一枚があればいいなと思います(^^)

お花見公園の夜桜【3/23・3/26・4/4・4/12】

氷室神社のしだれ桜【3/27】

桜散歩【4/4】

三井寺【4/9】

桜動画【4/9】 ※すでに投稿済みのものです

命の輝き【4/10】  

今は近所の公園の八重桜が盛りでして、こちらも近日中にご覧頂きたいと思っています。
たぶん、携帯百景に先に投稿すると思いますので、よかったらそちらもご覧くださいませ。  
2010/04/22 23:55| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク風景TB:0CM:0

活性化   

料理タグの住人じゃない方からは何それって言われそうですけど、最近ニコニコ動画の料理タグの再活性化について、熱い議論が繰り広げられています。詳しくはこちら、「料理タグ再活性化プロジェクト」をご覧ください。

ニコニコ技術部タグで繰り広げられた「はちゅねミク小型化戦争」のように、テーマと対立軸を絞ってうp主たちが熱戦を繰り広げようという趣旨で「お茶の人」として知られるイガシ氏が呼びかけたものです。テーマ以外にも料理タグの再活性化について、意見が出ているようです。

ぽんも料理タグの活力低下を感じていたひとりでして、この企画そのものよりも、こうした問題提起をしてくださったイガシ氏の行動に感銘を受けます。企画の内容以前にこうした刺激を与えてくれたことがすばらしいですよね。この企画について、「ぜひモノ申したい!」という方はtwitterのアカウントを取得して、議論に参加しちゃえばいいと思います。

さて、この企画とは別に、料理タグの再活性化について、たとえ微力であっても、できることをやろうという動きもあります。そのひとつが、いつも仲良くしているサチコさんが提案してくれた料理動画宣伝用のハッシュタグ「#nico_cooking」と、このハッシュタグ用のブログパーツの設置です。このブログの左上にもさっそく設置してみました。まだ始まったばかりですが、ブロガーのみなさん、このブログパーツを設置してみませんか?うp主さんも含めて、ニコニコ料理動画視聴者のみなさん、料理動画視聴の際におすすめ動画を見つけたら、このタグを使って動画を宣伝しませんか?

※ブログパーツの設置については、サチコさんの記事をご覧ください。
 ぽんも別のデザインを作ってみました。今ブログに貼ってるのはそっちです。こちらのソースコードは追記に書いておきます。

少ないとは言っても毎日新作がうpされる料理タグですから、すべての動画を見ることは不可能に近いです。ランキングに入らない名作もありますし、こういう形で動画を紹介することはうp主さん・視聴者さんのどちらにもメリットのあることだと思います。今までも生主さんやブロガーさんが自分の放送やブログの中で宣伝活動をして下さっていましたが、このハッシュタグを使えば、もっとお手軽に、もっと多くの人が、料理タグ限定でおすすめ動画を紹介できることになります。

こうした再活性化の動きや議論について、「そんなのツマンネ」とか「メンドクサイ」とか否定することは簡単です。そんな消極的な話はどこかの掲示板でやればいいことだと思います。そうではないみなさんは自分にできることを考えて、やってみませんか?イガシ氏の提案に自分なりの形でノってみましょうよ!

【4/20追記】

さっそく趣旨にご賛同頂き、ハッシュタグ「#nico_cooking」の使用と関連ブログパーツの設置をして下さっているみなさま、ありがとうございます。みんなで料理タグを盛り上げていきましょうね♪(^▽^)ノ

マイミクさんから教えて頂いた言葉で「暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう」という言葉があるんですが、一人一人にできることは小さなことでも、それが集まると大きな力を発揮します。まずは自分にできることからやっていきたいと思います。みなさんも、ぜひお願いします!



 

▽続きを読む▽
2010/04/18 16:53| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークニコニコ動画TB:0CM:10
ピクルスの記事で「次はジャーマンポテト」と予告しておきながら、あっさり桜動画に変更した気分屋のぽんです(^^;)

今回はそのジャーマンポテトの話です。
ジャーマンポテトはぺんさんが大好きでわりとよく作るんですが、このジャーマンポテトと最近ハマってるピクルスを一緒に食べるととってもおいしいんですよ♪ おかげで週2回も作っちゃいました(^^)
IMG_9855.jpg
写真の奥に写ってるのはザワークラフトです。

ジャーマンポテトは炊飯器で、ザワークラフトはレンジでチンでできちゃうお手軽さなので、ぜひお試しくださいませ。作り方はこちらの動画をご参考にどぞ(^^)
 

▽続きを読む▽
2010/04/15 23:17| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:10

桜動画   

あ、すみません。
予定ではジャーマンポテトの話をするつもりだったんですが、先日お邪魔した滋賀県大津市の三井寺の桜を動画にしてみましたのでご覧下さい。


YouTubeにも高画質版(そうでもないかもw)を投稿しておりますので、よかったらご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=rtme84CjHKU

桜レポをぜんぜんしてないうちにぽん地方の桜シーズンは終わりになってしまったんですが、近いうちに桜写真のご紹介をしたいと思います。  
2010/04/14 19:42| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークニコニコ動画TB:0CM:2

ピクルス   

ずっと行きたいと思っていたドイツバーがあったんですけど、車でないといけないような場所にありまして、ビールを飲みたいときに行けないというつらい状況にいつも断念してました。そのお店が電車と歩きでいけるところに移転したと聞きまして、先日行ってきたんです。残念ながら、店内が暗くて写真の方はだめだめだったので、ちゃんとしたレポができるような状況ではないんですが、想像以上にいいお店でした。(移転前にお昼を食べたとき以上の感激でした!)

窓際にふたりがけのソファーがありまして、そこでゆったりくつろぎながら飲むドイツビールは最高でしたよ♪ せっかくですから、お店のご紹介だけでもしておきたいと思います。お店の名前は「ヘルツクロイツ」という名前で、英語でいうと「ハートクロス」、「心の交差点」という意味だそうで、名前もすてきでしょ?

お店についてはこちらをご覧下さい。
・お店のHP
・食べログ

お料理の方も、豚のすね肉の煮込みであるアイスバイン、ピクルス、ザワークラフト、ジャーマンポテト・・・いろいろ食べましたが、とにかくどれを食べてもとってもおいしくて最高でした♪ 本格的なアイスバインは初めて食べましたけど、おいしくておいしくて♪♪♪ いずれ自分でも挑戦してみたいと思ってます。

もうひとつ、ぐっと心をつかまれたのがピクルスです。そのまま食べてももちろんおいしいんですが、ジャーマンポテトに一緒に入ってたピクルスがものすごくいいアクセントになっていて、おいしかったんですよー(^▽^) ピクルス食べまくりでしたw

そんなわけで、ピクルスにすっかり魅了されてしまったぽんは、おうちでも作ってます。
すっかりハマってしまってまして、毎日ポリポリしてますw

参考にしたレシピはこちら

自分好みにアレンジして、お塩はすこし少なめ、クローブは多めにしてます。
お酢はワインビネガーではなくふつうの穀物酢で、ホーローのお鍋がないのでテフロン加工のフライパンを使ってピクルス液を作っています。長期保存用のビンも使わず、短い期間で食べきることを前提にふつうの保存容器を使ってます。下漬けもしてません。さっと湯通しはしてますけどね。かなり手抜きかつお手軽ですが、これでも「うほぉ~♪」って声が出るくらいおいしくできますよ(^^)

漬け込みの図はこんな感じです。(写真をクリックすると大画面です)
IMG_0961(1).jpg
このとき漬けたのは、きゅうり、パプリカ、ミニアスパラ、セロリ、にんじん、ミニトマトです。
※ミニトマトは塩は入れずに砂糖とお酢だけの甘酢漬けです。

ブログ用に盛り付けてみました。残ってた大根も一緒に。
IMG_0975(1).jpg

これをそのままポリポリ食べてもおいしいですが、最近は朝ごはんにサンドイッチを作って食べてます。
IMG_0891(1).jpg
手前がホットサンド、奥はふつうにトーストしたパンではさんでみました。
忙しい朝に、さっと作れるのでとても重宝してます。

ジャーマンポテトを作って、一緒に食べてもすっごくおいしいんですよー♪
ジャーマンポテトもこのところ、ちょくちょく作ってますので、次あたりご紹介したいと思います。
(覚えてたらw)  

▽続きを読む▽
2010/04/12 23:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:8
また、とあるマイミクさんへのお誕生日カクテル企画の記事を持ってきました。

「アクセサリー」です。
IMG_6455.jpg

IMG_6458.jpg

レシピは次の通りです。
・桂花陳酒 30ml
・ウィスキー 10ml
・カシスリキュール 5ml
・オレンジジュース 15ml
・グレナデンシロップ 1tsp
シェークしてグラスに注ぐ。


ぺんさんにも味見してもらいましたが、かなり複雑な味です。桂花陳酒の華やかな香りにウイスキーのスモーキーフレーバー、カシスとグレナデンの濃厚な風味も加わり、それでいてオレンジのフレッシュな香りもするというかんじで、材料だけ見るとかなり甘いかなと思っていたのにすっきりしてるという、ある意味カオスな仕上がりになりましたw

デコレーションはちょっと凝ってみましたけど、ただの飾りに見えて飲むときにレモンとライムの皮からフレッシュな香りがする実用的な要素もあるんですよ(^^)  
2010/04/11 19:42| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークカクテルTB:0CM:0
満開のあと、すぐに強風が吹いて、あっと言う間に桜シーズンも終わりに向かいました。

花びらを散らす桜も美しいですが、花びらを散らした後、葉桜の桜も美しいと思いませんか?
精一杯花を咲かせた後、若葉が芽吹き、「命の輝き」を一番感じるときだと思います。
ぽんはこの葉桜がとても好きなんですよね(^^)
P1050517(1).jpg

P1050524(1).jpg

P1050530(1).jpg

P1050538(1).jpg

 
2010/04/10 00:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク風景TB:0CM:0
西国三十三箇所巡礼で滋賀県大津市にある十四番札所園城寺、通称「三井寺」へお参りに行ってきました。札所ご本尊である如意輪観音さんのご開帳にあわせてのお参りです。三井寺は桜の名所としても有名で、桜が満開になるこのタイミングでのご開帳はまったくありがたい限りです。

※写真をクリックすると大きめの写真をご覧いただけます

途中の乗り換え駅で寄り道して公園で撮影。
P1040755(2).jpg

P1040765(2).jpg

京阪電鉄の膳所駅の線路。
このうねうね感がいいでしょ?
P1040802(1).jpg

京阪電鉄三井寺駅からお寺までの道のりも見事です。
P1040847(2).jpg

P1040862(2).jpg

P1040892(2).jpg

P1040910(1).jpg

観音堂の入口のところには長等神社という神社があり、しだれ桜が見事だったのでこちらにもお参りしました。
P1040916(2).jpg

P1040933(1).jpg

P1040935(2).jpg

P1040956(2).jpg

P1050006(2).jpg

三井寺さんの観音堂へは階段を上ります。
P1050023(2).jpg

絶景♪
P1050032(1).jpg

P1050103(2).jpg

P1050105(1).jpg

P1050169(1).jpg

さらに上って、街とは反対方向を見るとこんなかんじです。
P1050175(2).jpg

偶然にも日本舞踊の「かっぽれ奉納」が行なわれてました。
桜をバックに踊る姿が凛としていて、おもしろおかしくも美しかったです。
P1050088(2).jpg

花舞台も美しい。
P1050202(1).jpg

P1050212(2).jpg

広い境内をぽてぽてと歩きましたが、桜が競いあうように咲いていて、どこを見ても美しかったですよー♪
P1050301(2).jpg

三井寺といえば「近江八景」のひとつに数えられる「三井の晩鐘」
歌川廣重の浮世絵で有名ですよね。
こちらがその三井寺の鐘です。
P1050317(2).jpg

P1050330(2).jpg
写真で伝わるかどうかわかりませんが、とても大きく、その音色も迫力満点でした。

帰りは山門側から帰りました。
P1050365(2).jpg

P1050366(2).jpg
お遍路にもお供させてる「うりうり」もちょっとはしゃいでます(^^)

おみやげは携帯百景で教えて頂いた「弁慶のひきづり鐘饅頭」
P1050200(2).jpg
水を一切使わず、はちみつとたまごの水分だけで練り上げて焼いた生地であんこを包んだお饅頭でとてもおいしかったです♪  
2010/04/09 00:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク風景TB:0CM:0
カクテル記事、たまってます・・・

このところ、すっかり更新頻度が落ちちゃったんですが、ミクシィの方でもお誕生日カクテル企画をちらほらやってまして、こちらでは紹介していないカクテルがたまってるんですよね。ブログはカテゴリ検索ができるので、記事を書いておけば自分用のレシピ辞典にもなりますし、何よりもブログで紹介したカクテル写真でカクテル動画を作るという目的がありますから、ぼちぼちカクテル記事を書いていきたいと思います。

さて、今回ご紹介するカクテルはかなりハードボイルドなカクテルです。
道具はいりませんが、好きな人じゃないと飲めないくらいハードですので、お覚悟をw
「ジン&ビターズ」です。
P1160255.jpg

P1160233.jpg


P1160214.jpg

レシピは次の通り。
・ドライジン 適量
・アンゴスチュラビターズ 1dash(数滴)
グラスの内側をビターズで濡らして余分なビターズを捨て、ドライ・ジンを注ぐ。



このカクテルは最も古いタイプのカクテルとも言われるカクテルで、ジンをおいしく飲むためのアレンジといったところでしょうか。同じレシピですが、氷の入ったグラスでステアして作るとピンクジンというカクテルになり、色ももっと淡い色合いになります。

今回は「酒は原液しか飲まねぇ」というマイミクさんのために、かなりハードに作ってみました。使ったジンは「ボンベイ・サファイア」というスパイシーなジンです。ボンベイは10種類のボタニカル(ジュニパーベリー、アーモンド、レモンピール…ググレカスw)を加えて作る蒸留酒で、スパイシーで香り高いのが特徴です。そこに苦味の強い薬草系のアンゴスチュラビターズを加えて作るわけですから、アルコール度数、香り、味、どれをとってもかなりハードな仕上がりになるはずです。

ところがこのレシピで作ると、不思議なことに甘みをわりとしっかり感じるんですよね。

「ジンの辛さ(からさ)とビターズの苦味の奥に甘さがある」

と、どこかの人気うp主さんが言っていたような状態になるんですが、苦味や辛さに囲まれて初めてわかる甘露もあるんですよね。

極上の甘味は苦味や辛さの中にある・・・
薄めたり副材料を加えて作り出した甘さ、言い方は良くないかもしれませんが、ごまかした甘さよりも、飾らずごまかさずにストレートを貫くことで得られる甘味の方が貴重なものなのかもしれません。

ジン好きな方、ためしてみてはいかがですか?
ジンだけに人生(ジンセイ)を感じる酒です・・・



ごめんなさいw  
2010/04/08 20:41| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークカクテルTB:0CM:2
とあるお友達から、「ぽんさんのカクテル写真の撮影環境を教えて欲しい」というリクエストを頂きました。

あんまり撮影環境の話はしたことがなかったんですが、機会がなかっただけで特に隠してるわけでもないので、今回は静止画撮影のお話をさせて頂きます。まぁ、たいして秘密があるわけでもなく、こんなかんじで撮影してます。
P1040664(1).jpg

P1040663(1).jpg

部屋が散らかってるので引き画では見せれませんが、壁に黒い布を貼り付けて、作業机の上にアイロン台を乗せた「ステージ」をホームセンターで購入したクリップ式のスタンドライト3つで照らしてます。ただし、この環境で撮影するのは料理の写真だけで、カクテルに関しては黒いバックに浮かびあがるような写真を撮るために、スタンドライトは真ん中のひとつだけを被写体とは反対向き(画像では上向き)にして、他の部屋の明かりをすべて消した状態で撮影してます。

こうすると、シャッター速度を遅くして、比較的長時間露光しなくてはいけないので、ブレ防止のためにカメラは必ず三脚で固定し、セルフタイマーを使用します。カメラのことを知らない人はなんのことかわからないかもしれませんが、使用するカメラはぺんさん所有の「EOS KISS X3」で、A-DEPモード、ISO400固定で撮影してます。以前は一眼レフカメラがなかったので、コンパクトデジタルカメラですべての照明を照らして撮影してましたが、カクテル写真は断然この環境の方がきれいに撮れます。

ちょっと比較してみましょうか。
こちらが以前撮影したコンデジでのカクテル写真です。
立体感が乏しく、のっぺりした感じになります。
マルガリータ

今の環境で撮影するとこんなかんじです。
IMG_7364.jpg
ちょっと奥行きがでますよね。

まぁ、ぼくはまだ素人なので参考になるかどうかわかりませんが、気をつけているポイントは、
1.強力な光を直接当てない
2.自分の腕はまったく信じず、とにかく枚数を撮影し、いいものを選ぶ
このふたつです。2に関しては、多いときは一枚の写真を選ぶために100枚くらい撮影します。
この写真ではだいたい20枚撮影しました。素人たるゆえんですな(^^;)

あんまり参考にならないかもしれませんが、いかがでしょうか?
もし何か質問がありましたらご連絡ください。わかる範囲でお答えします。  
具だくさんスープネタの続きみたいなお話です。

まずはこれをごらんください。
aaaさんの名作(迷作?)「aaaの丸ごとロールキャベツ」

※勘違いされる方がいるといけないので断っておきますが、これはぽんの投稿動画ではありません。

いやぁ、エンターテイメント性溢れるすばらしい動画ですね。2008年6月の投稿だというのに、いまだに料理タグランキングにランクインしているみんなから愛される動画です。

この丸ごとロールキャベツ、見た目のインパクト以上に味の方もとてもおいしいんですよ。しかも大きなお鍋さえあれば、ふつうにロールキャベツを作るよりもはるかに簡単です。実は何度か作ってますw

まずは完成写真から。(クリックすると大きな写真が見れます)
IMG_9069.jpg
さすがに丸ごと盛り付けるのは大変なので、お鍋の中で包丁を入れて、それから盛り付けてます。

作り方はいたって簡単。今回のタネは鶏と豚のミンチを2:1の割りあいで練り練りして、中に刻んだにんじんとこんにゃくを混ぜ込んでます。お酒でかたさを調節してちょっとやわらかめに仕上げて、下味におしょうゆとこしょうを少々。やわらかめに仕上げるのは、食べたときにキャベツのかたさとなじませるためです。

このタネを、芯をくり貫いて十字に切れ込みを入れたキャベツにこれでもかと詰め込みます。
P1090154.jpg
ちょっと、見た目が・・・w

で、これを大きなお鍋にどーんと入れて、お水をひたひたになるように入れます。
コンソメを入れてもいいんですが、今回はソーセージを適当にほうりこんで、だしがわりにします。味付けは塩こしょうとおしょうゆを少々。圧力鍋なら加圧10分というところでしょうか。
P1090169.jpg

圧力鍋使用ですが、調理時間は材料を刻む時間を除けば30分もあればお釣りが来ます。
しかもキャベツの甘み、お肉のうまみがたっぷりとスープに溶け出して、とてもおいしいスープになります。お肉のじゅわっとしたおいしさもたまりません♪

この作り方はアウトドア料理の「丸ごとキャベツのコンビーフスープ」を参考にしています。ミンチタネの代わりにコンビーフを入れるのが元レシピですが、元がアウトドア料理だけあって、少ない調理器具と短い調理時間でできて、出来上がりのウキウキ感がありますね(^^)

春はキャベツのおいしい季節でもありますから、ちょっと話のタネにいかかがですか?  
2010/04/06 21:43| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:8
快晴の空に満開の桜。
お散歩するしかないでしょ♪

※写真をクリックすると大きめの写真をご覧いただけます

まずはご近所の長ぼそ公園(勝手に命名w)
IMG_0132.jpg

P1020734(1).jpg


お花見公園(同じく勝手にry)
P1020798(1).jpg

P1020946(1).jpg

レンズのいたずらで偶然写った虹。なんという幸運♪
IMG_0160.jpg

IMG_0204.jpg

IMG_0207.jpg

IMG_0270.jpg

興福寺南円堂付近
P1030191(1).jpg

P1030196(1).jpg

P1030214(1).jpg

P1030266(1).jpg


親愛幼稚園
P1030337(1).jpg

P1030326(1).jpg

いいお散歩でした(^^)  
2010/04/04 00:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク風景TB:0CM:0
三寒四温といいますが、このところ気候が目まぐるしく変化してますね。
みなさま、体調管理は万全でしょうか?
桜の花も咲いたとたんに冬に戻されてちょっとかわいそうでしたが、命というのはずいぶん強いもので、ちゃんと満開に向ってますよね。命の輝きを感じます。

年度の入れ替わりの時期でもあり、なんとなく疲れを感じる今日この頃ですが、こういうときは野菜をたっぷり摂って元気をつけたいものです。そんなわけで、最近ハマってる「具だくさんスープ」のお話です。

何度かお話させて頂いてるかと思いますが、うちはぽんもぺんさんも時間が不規則な仕事をしてまして、先に家に帰る方がごはんをつくる担当ってことになってます。でも、遅いときは日付が変わっちゃうこともあるので、なかなか「おうちに帰ってから作る」っていうのも大変なんですよね。そんなときに具だくさんスープはとっても重宝してます。作り置きができる上、大量に作るとさらにおいしさが増すので、うちにぴったりのメニューかもしれません。

まずは、ごろごろポトフ。 ※今回はスープ写真をクリックすると巨大ですよw
IMG_9350.jpg

IMG_9353.jpg
とにかく大ぶりの具材をお鍋に放り込んで、ぐつぐつと煮て、コンソメと塩こしょうで味付けするだけなので、簡単です。具材の甘みとうまみを堪能できる簡単なのにぜいたくな一品だと思います。マスタードを添えるとおいしさ倍増ですね♪

そういえば、ポトフは動画も作ってました。(お正月にw)


続いてはミネストローネ風肉団子スープ。
IMG_9355.jpg

IMG_9357.jpg
たまねぎ、にんじん、ズッキーニ、えりんぎ、パプリカ、こんにゃく、ベーコン、にんにくを細かく刻んで大量にお鍋に入れて炒め、お水とワイン代わりのベルモット(香りつきのワイン)とトマト缶を入れます。そこに鶏ミンチと豚ミンチを2:1の比率でこねこねしたお団子をごろごろとほうりこんで、圧力鍋で10分ほど。味付けは塩こしょうのみですが、具材から出る旨みでとても深い味です。お団子にもベルモットをたっぷりに入れて、やわらかくジューシーに仕上げます。とってもおいしいんですよ♪

ベルモットは何度かご紹介したことがあると思いますが、通常はカクテル材料として使われることが多いお酒です。もちろんそのまま飲んでもおいしいんですが、おすすめはお料理用ワインとしての活用です。ワインよりも断然日持ちがして、香りが加えられている分、深い味わいになりますので洋食を作る機会が多いご家庭には常備してもいいんじゃないかなって思います。甘みが強いベルモットは使い勝手が良くないので、おすすめはドライベルモット。うちではノイリープラットというベルモットを常備してます。

ちなみにこちらがノイリープラットです。(左がドライです)
IMG_6200.jpg



続いて、和風肉団子スープ。
IMG_9368.jpg

IMG_9371.jpg
作り方と具材は上のスープと同じですが、トマト缶は入れずにおしょうゆと塩こしょうで味をつけています。隠し味に昆布茶を少々。肉団子は牛豚の合びきミンチを材料に、日本酒でやわらかくジューシーに仕上げてます。

最後は肉団子カレースープ。
IMG_9476.jpg
和風スープと同じくトマト缶を入れずに味付けは塩こしょう、カレー風味はターメリック3:コリアンダー3:クミン3:チリパウダー1:シナモン1の割合で作ったカレー粉でつけてます。牛乳を入れてまろやかさを出し、仕上げにガラムマサラを少々。肉団子は豚肉100%、こちらもベルモット大活躍です。

とにかくたくさんの野菜をたっぷり入れて、まとめて煮込むのがおいしさのひみつだと思います。ほら、子供の頃に食べた給食の煮込み料理ってすっごくおいしかったじゃないですか?カレーとかシチューとか、使ってる材料は決して高級品ではないのに深い味がしましたよね。具だくさんのスープにはどこかそういうなつかしさもあります。

ぽんが子ぽんの頃、よく熱を出す子だったんですが、寝込むたびに母親が冷蔵庫の野菜を刻んでミンチと一緒に煮込んだ和風コンソメ味の野菜スープを作ってくれました。そのスープとおにぎりを食べると不思議と元気が出たような記憶がありますが、こうして作っているスープもその記憶に原点があるのかもしれません。

みなさんのおうちの具だくさんスープ、もし良かったら思い出といっしょに教えてください(^^)

【追記】
ミネストローネ風とカレースープには缶詰のひよこ豆が入ってます
ryuji_s1さん、ありがとうございます  
2010/04/02 20:14| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:10

プロフィール 

ぽん

Author:ぽん
のんびりが好きです。
あと、お料理とお酒とお寺が好きです。ニコニコ動画、携帯百景、YouTubeでお世話になってます。

 

動画関連プロフィール 

ニコニコ動画プロフィール

 
ニコニコミュ

 
うpしたもの







 
※ニコニコ会員以外の方はこちら
pon
 
※Stickam
pon
 
※YouTubeにも投稿してます
pon

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。