ごはんとお酒のおはなし

こよみ 

 

携帯百景 

よかったらおつきあいください

 

主な生息地ですw

Twitter 

ほとんどつぶやきません

 

いらっしゃいませ~ 

じわ~っときてもらってます

 

まったりして行ってね~♪

滞在者数 

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:
 

のんびりしていってね♪

ぺそぎん 

バロメーター 

 

検索フォーム 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークスポンサー広告

大甚   

ちょっと間があいちゃいました。
最近微妙に忙しいのでちょっと更新頻度が落ちると思いますが、よろしくお付き合いくださいませ。

さて、ひさびさの居酒屋記事です。お好きな方、お待たせ致しました(^^)
今回ご紹介させて頂くお店は名古屋の名店「大甚(本店)」さんです。

居酒屋好きの方であれば、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。名古屋の御園座のすぐ近くにあるお店で、明治40年創業といいますから、創業100年を超える老舗中の老舗です。常連さんも何十年来という年季の入った方も多く、まだ19さい(公式w)のぽぺがお邪魔するには敷居が高いかなとちょっとどきどきしてたんですが、さすが名店中の名店です。かの居酒屋評論家・太田和彦氏が「居酒屋の居は居心地の居」とおっしゃっておられましたが、中に入ってしまえば、酒飲みにとってこれほど落ち着く空間はありません。やさしい口調で「〇〇がおいしいよ!」などと語りかけながらもきびきびと動くお店の人たち、古いながらも磨き上げられた店内、お客さん同士の笑い声、どれをとってもお酒をおいしくしてくれる重要な要素です。

実はあまりの居心地のよさとお料理・お酒のおいしさにすっかりくつろいでしまって、店内の写真は撮影してないわ、お料理の写真はピンボケだらけだわで、まとまな記事になるかすら心配なんですが、それほどいいお店だったと胸を張ってお伝えしたいところです。

このお店のシステムは、お酒はお店の人にお願いして持ってきてもらうんですが、お料理の方は自分で取りにいくスタイルです。煮物などのお料理は大皿に盛られ、それを小鉢に移した状態でずらりとならんでいます。アルミのお盆を片手に自分で好きなもの取ります。お刺身は冷蔵のガラスケースの中にお皿に盛られた状態で入っていて、好きなものを取ります。焼き物や煮魚は焼く前のお肉やお魚を冷ケースから選んで、お店の人に調理をお願いして、焼きたて・できたてを持ってきてもらいます。お料理が並んでるところを撮影してないのは不覚というしかないんですが、これほどくすぐられる光景もないですよーw

さて、まず生ビールで乾杯します。
ぺんさんがささっとお料理を持ってきてくれて、乾杯準備完了です。
P1060608.jpg
肝煮、いかの煮付け、たまごサラダ、かぶ漬けですね。(たしかw)

お刺身食べるよ、まずはかつお♪
P1060615.jpg

こりゃ、うまい♪
お酒行かなきゃだめでしょ、ね♪
P1060628.jpg

P1060618.jpg
屋号の入った酒器、いいですよねー

特に注文をつけずに「お酒」と頼むと、燗酒を2合徳利で出してくれます。ここのお酒はほんとにうまいです!樽からお銚子に入れた「賀茂鶴」をほどよくお燗して出してくれるんですが、樽の甘い香りとほどよいお燗加減が絶妙です!日本酒好きならぜひ飲んで頂きたい味です。

さぁ、エンジンかかってきちゃたよ~
P1060619.jpg
えと、これはたらこのたいたんかなぁ?w

このグリーンピースのほどよい塩加減が甘めのお酒にあう♪
P1060621.jpg

うなぎの煮付け。脂がのって、めちゃうまです♪
P1060623.jpg

きずし(〆さば)はお酒の親友の一人♪
P1060638.jpg

いわしの煮付け。青魚は鮮度が命、おいしいなぁ♪
P1060640.jpg

そらまめさん♪
P1060642.jpg

里芋さん♪
P1060643.jpg

お刺身第2弾はひらめ!
えんがわがたまらんです
P1060646.jpg

あじのお刺身もいらっしゃ~い♪
P1060665.jpg

シャコ大好き♪
P1060653.jpg

あさりのぬた♪
さすが名古屋、お味噌は八丁味噌ですね
P1060659.jpg

あじは塩焼きで頂きました。
焼きたてはうまいのぉ♪
P1060666.jpg

P1060669.jpg

お酒もお料理もたらふく頂いちゃって、お酒はつい~っとぽんひとりで3本ほど頂きました(^^;)
食べ終わったらこんなかんじですw
P1060671.jpg

で、上機嫌で撮影したお店がこれです。
P1060672.jpg

これはひどいwwwww
ピントがぜんぜんあってませんね(^^;)

でも、これほど満喫できるお店はなかなかないと思います。ぽんがよく行く奈良の名居酒屋「酒処 蔵」さん(記事はこちら)に勝るとも劣らないすばらしい居酒屋さんです。居酒屋愛好家の方はぜひ足を運んでみてくださいさいませ。

酒豪部員の一人(自薦w)として、うpさせて頂いている居酒屋動画がありますので、よかったらご覧下さいませ。




今回の大甚さんも含めて、まだご紹介していないお店もありますので、順次ご紹介させて頂き、「居酒屋へ行こう3」も作成したいと思っております。お好きな方は首をキリンさんより長くしてお待ちくださいませw



酒飲みのみなさま、今日もおいしくお酒を飲んでますか?
スポンサーサイト
 
2010/01/31 20:56| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク居酒屋TB:0CM:16
動画を発掘したのでうpしてみますたw
 
2010/01/24 14:03| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークぽんの動画TB:0CM:9
おかげさまで短かったですが、ぽぺ正月をゆっくり過すことができました(^^)

去年までも、ぺんさんとふたりで遅れてやってくるお休みをゆっくりと過してはいたんですが、去年までは遠距離状態でしたので、休みの終わりが近づくとしんみりとしてしまったんですよね。一緒においしいものをたらふく食べて、おいしいお酒をしこたま飲んで・・・とやってることは去年と同じだったんですが、お休みが終わってもふたり一緒にいられるので、今年のぽぺ正月は去年までとはぜんぜん違いましたね。やっぱり大事な人と一緒にいるってしあわせですなぁ(*^^*) さっそくのろけてしまいましたw さーせんwww

さて、リフレッシュ後最初のブログ記事になるわけですが、お正月気分がまだ完全に抜け切れてないので、またもや少し前にmixi日記に書いた話題を焼きなおししてお茶を濁しますw またお誕生日カクテルの話なんですが、カクテル写真と居酒屋写真がぼちぼちたまってきてますので、少しずつご紹介していかないとカクテル動画や「居酒屋へ行こう」動画が作れないからというのもあります(^^;)

今回ご紹介するカクテルは、春が恋しい冬の日に春に思いを馳せるのにぴったりなオリジナルカクテルです。名前はまだ決まってませんが、このカクテルをお見舞いした方にこんな大人になってほしいなと思って作ったイメージを仮のネーミングにしてます。

「南国の大和撫子(仮)」です。
IMG_7016.jpg

IMG_7000.jpg

レシピは次の通りです。

【カクテル本体】
・残波(泡盛) 30ml
・ジャポネ桜 30ml
・レモンジュース 15ml

【スノースタイル用】
・ミドリ 適量
・砂糖 適量

シェークして、スノースタイルにしたグラスに注ぐ


ちょっと聞き慣れないお酒が入ってますよね。
「ジャポネ桜」は桜のリキュールで、メーカーのサイトによれば、

「小田原の「八重桜」の花と、伊豆の「大島桜」の葉を漬け込んだ、桜の浸漬酒がベースの日本オリジナルのリキュール。桜餅を思わせる独特の甘みと、春の訪れを連想させる豊かな香りが特長です。」

読んでおわかりの通り、とても日本的なリキュールです。
P1030813.jpg

もうひとつ「ミドリ」というのはメロンリキュールです。メロンリキュールの代表格なんですが、名前からおわかりの通り、日本のリキュールです。
43112299_386696510.jpg

メロンというと海外のイメージがあると思いますが、メロンリキュールを世界で最初に発売したのは実は日本でして、この「ミドリ」を使ったのはその華やかな香りをグラスの縁にまとわせることで華やかさを出したかったということと、「大和撫子」ということで、日本産にちょっとだけこだわったからでもあります。

スノースタイルというのは、グラスの縁をレモンやお酒でぬらして、お塩やお砂糖で雪のような装飾をほどこすことをいいます。ふつうはレモンを使うことが多いのですが、香りの強いミドリを使うことで、単なる装飾ではなく香りを楽しむことができたので、ちょっといいかんじだなぁって自分で思ってます(*^^*)

味の説明をしてなかったですね。カクテルそのものは酸味と甘みのバランスの取れた味に桜の香りするんですが、スノースタイルのアクセントで、グラスに唇が触れたときに甘さとメロンの豊かな風味を感じ、カクテルを口に含んだときに酸味と桜が広がるという、まぁ飲まないとわからない味ですw

お誕生日カクテルと言ってもその人にあったお酒を、しかもオリジナルで思いつくというのはなかなか難易度が高くて、マイミクさんすべてに作っているわけではないんですよね。(申し訳にゃい・・・)やっぱりその人とたくさんお話をするとか、その人が世の中に送り出した作品(動画・写真・ブログなど)にたくさん触れるとかしないと難しいです。そういうものに触れたからと言って、イメージがお酒に直結するとは限らず、このあたりが難しさとおもしろさなんだろうなって思います。

でも、今回のカクテルは「カクテルの神様が降りてきた」と思うほど、スムーズにイメージが湧いて、レシピもすぐに決まったんですよね。味の方も満足のいくものでしたし、毎回こんなふうに作れればいいなぁって思います。  

▽続きを読む▽
2010/01/21 00:08| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークカクテルTB:0CM:12

パスタ   

あんまり暗い話ばっかりだと遊びに来てもらえなくなっちゃうとアレなので・・・

ごはんの話です。

うちは夫婦そろって「定休日」のない仕事をしてまして、ふたりそろって休みを取れることは結構少ないです。ばんごはんは一方が休みのときは休みの方が、ふたりとも仕事のときは先に家に帰った方が作ることになっています。ぽんがごはん当番のときは、もちろんお買い物もぽんの担当になるんですが、そういう日は冷蔵庫の在庫確認を兼ねて、おひるごはんをささっと作ることがあります。そういうときによく作るのがパスタです。パスタって、おうちにあるものでささっと作れて、ちょっと料理したなぁって気がして、わりと好きなんですよね。料理タグ住人の自己満足的な意味でw

こういうおひるごはんはちょうどいいネタになるので、携帯百景に投稿するために写真を撮ることがあります。せっかく撮影した料理写真をブログに使わないのはもったいないので、ちょっと記事でも書いてみようかなぁと思いましてこの記事を書いてます。

「ツナとトマトのペンネ」
IMG_3020.jpg
たまねぎのみじん切りとにんにくを炒めて唐辛子の辛味をつけて、トマト缶とツナ缶をどば~
少し煮詰めてから、バジルとこしょうで香りをつけて、ペンネを絡めます。

「トマトソースのスパゲティー」
4.jpg
基本的な作り方は上のペンネと同じですが、このときはにんにくを炒めるときにお酒の友「酒盗(かつおの内臓の塩辛)」をアンチョビ代わりに加えてます。香辛料もバジルとこしょうにプラスして、ちょっと多めにクミンを加えています。以前このブログでご紹介した「鶏のトマト煮」(記事はこちら)を作ったときにクミンとトマトが絶妙の組み合わせだと知り、たっぷり加えてみました。めっちゃおいしかったです。

「キャベツとソーセージのスパゲティー」
IMG_1477.jpg
キャベツとハム的な何かのパスタはぽんが独身時代からよく作っていたので、うちでは「ぽんパスタ」と呼ばれていますw 基本的にはペペロンと同じような作り方で、にんにくと唐辛子の香りと辛味を移したオリーブオイルでベーコンを炒め、そこに茹で上がったパスタとキャベツをあわせてからめます。キャベツはパスタが茹で上がる1分前にパスタを茹でているお鍋に投入して、いっしょに茹で上げます。茹ですぎ注意です。

た・だ・し!

オイルの方は乳化大事ですよーw そのままのオイルにパスタを投入して炒めるんじゃなくて、オイルにパスタの茹で汁を入れてしっかりフライパンを揺すって乳化させた「オイルソース」にからめるんですよー。わかりますよね?w

これにも隠し味がありまして、昆布茶が入っています。昆布茶はペペロンにむっちゃあいますよ。乳化したソースにパスタをからめるときに昆布茶をひとさじ加えます。ほかにもいろんなお料理をレベルアップさせてくれる昆布茶は調味料として必需品だと思います。

「キャベツとベーコンのショートパスタ(フジッリ)」
IMG_6048.jpg
上の「ぽんパスタ」と作り方はほぼ同じですが、最後の仕上げにおしょうゆをほんの少しとみりんを加えて、和風味に仕上げています。もちろん隠し味には昆布茶を使っています。フジッリのむにむにした食感が妙にクセになります。

どうでもいい話ですが、イタリアンの「ッ」の位置ってなじみにくくないですか?
「タリアテッレ」とか「ファルファッレ」とか、言いにくい・・・(^^;)

「高菜と鳥はむのパスタ」
P1030970.jpg
にんにくと唐辛子の過程は上のペペロン系のパスタと同じ。そこへ高菜と隠し味の酒盗を入れて少し炒めます。茹で上がったパスタをからめるときに昆布茶も入れてます。鳥はむは一緒に炒めるのではなく、最後にパスタをからめるときに一緒にあわせます。

「スモークサーモンとブロッコリーのパスタ」
IMG_7080.jpg
これは昨日のばんごはんです。
買物に行ったら、スモークサーモンの切り落としがお安く売られてましたもんですから、買ってしまいました。スモークサーモンっておいしいけど、ちょっとぜいたく品ですよね。普段なら素通りするんですが、ぽぺは「切り落とし」とか「こま切れ」とか「くず〇〇」という言葉に弱いので、そういうのを見かけるとすぐに手に取ってしまいます。手にとってみると安いわりにずっしりってかんじでしたので、かなりお買い得でした♪

作り方は「ぽんパスタ」に近いです。
にんにくと唐辛子でオイルソースを準備して、茹で上がったパスタとブロッコリーをからめます。ブロッコリーはキャベツと同じくパスタが茹で上がる1分から1分半前にパスタを茹でているお鍋にぽーんして、いっしょに茹でます。スモークサーモンはパスタとソースをからめるときに入れて、予熱でちょっと色がかわる程度の加熱具合に留めます。加熱しすぎるとせっかくの食感がもったいないですからね。

ざーっとご紹介させて頂きましたが、最後のスモークサーモンのパスタを除いて、冷蔵庫に入ってたものでささっと作ったものばかりです。みなさんの中にも簡単おすすめパスタレシピをお持ちの方がいらっしゃると思います。よかったら、教えてくださいませ。みんなでレシピを持ち寄るのもおもしろいですよね♪

※ 続きには関連動画wとちょっとしたおことわりがあります。  

▽続きを読む▽
2010/01/18 00:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:14
【この記事はコメント・トラックバック不可にさせて頂いております】

去年は勝手口ブログの方に記事を書かせて頂きましたが、勝手口ブログの方が更新をさぼりまくって休眠状態ということもありますし、より多くの人にお話しした方がいいかもと思いましたので、今年はこちらの方に書かせて頂きます。普段は明るい話題ばかりのこのブログですが、みなさんに発信できるブロガーという立場を利用して少し重い話をさせて頂きます。

タイトルを見て、関西地区にお住まいの方、関西に縁のある方はピンと来たのではないでしょうか?それ以外の方は何のことかわからないという方も多いと思います。15年という年月は、あれほどまでに衝撃的だった出来事も遠くに連れ去ってしまう年月だと思います。ぽんもぺんさんも幸いにして直接被災したわけではありませんが、当時ふたりとも関西在住でしたので、簡単には忘れられない出来事です。

発生から時間が経過するにつれて、テレビやラジオが被害の様子を明らかにしていきました。単なる数字ではない、命を積み重ねた数字ががどんどん増えてゆくのを目にして、「もう止まって!」と胸が締め付けられるような感覚に襲われたことは今でも鮮明に覚えています。報道から得られる情報だけではありません。自分の身の回りにも直接的な情報があふれかえります。肉親や親友・恋人とようやく連絡が取れて涙を流しながら喜ぶ人、そうではない残酷な結果を受け入れなければならなくなってしまった人・・・。昨日まで何事もない日常だったものが、この瞬間にすべてが変わってしまったのです。15年を経過してもなお、「震災」という言葉ですべてを表現してしまうのは軽々しい気がしますし、直接被災された方に対して「大変でしたね」と簡単に話しかけていいのかどうか迷います。

「命の尊さ」とひとことで言っていいのかどうかわかりませんが、あれほど「命」を感じたことは、プライベートな体験を除けば、他にはありません。当時を覚えている人は、おそらく同じような印象を持っていることでしょう。自分や自分の大切の人ではない、言い方は悪いですが「アカの他人」に対して「命の尊さ」を感じるという体験は、決して繰り返して欲しくはないですが、貴重な体験であったと思います。

もちろん、もう15年も経過したのだから、つらい過去は忘れ去って・・・という意見もあると思いますが、ぼくはせめて毎年この日だけでも思い出すべきだと思います。この日を「命」の重さ・尊さを再確認する日にしたいと思っています。ぼくは所詮、直接被災したわけではありませんから、今こうして語っている言葉も軽いものです。ですが、自分が当時感じたものを少しでも伝えるべきだと思っています。

命があること、大切な人と一緒にいられること、離れて暮らしていてもいつでも相手に会いに行けること、今日と同じように明日がやってくること・・・。日常が続くことに感謝しましょう。そして、それがどれほど貴重なことであるのか、どうか再認識してください。

1月17日 午前5時46分。
今年もまた、このときがやってきました。

合掌。  
このところ、忙しい上に寒さですっかり行動力が鈍ったぽんです。
とにかく寒さに弱い。ねこだけに、寒いときはこたつで丸くなるしか能がありませぬ。
おかげでブログも動画も、携帯百景もちょっとサボり気味です。とにかく勢いがありませんw

言い訳前置きはこのくらいにしまして、今日はカクテルの話をさせて頂きます。
「例の」お誕生日カクテル企画の話です。

なかなか表のブログではプライベートを教えてもらう機会は少ないものですから、お誕生日カクテル企画は最近ではもっぱらミクシィで行なっています。ちなみにご存知ない方のために説明しますと、お誕生日カクテル企画というのは、誰かのお誕生日に、勝手にその人をイメージして、勝手にカクテルを作って、勝手に「かんぱーい!」ってして、勝手に飲んじゃって、「どうだ?めでたいだろう」勝手に満足しちゃうという実に自分勝手な企画です。ぽんが新しいカクテルを作ったり考えたりするきっかけにさせて頂いてます。

この企画のおかげでぽんのカクテルレパートリーは充実していってますし、画像がたまったらまとめ動画を作るということで、何かと企画者にメリットのある企画です。最近では携帯百景にも投稿させて頂いてますので、一石何鳥になってることか・・・。我ながら、実にすばらしい企画です♪

そんなお誕生日カクテル画像がたまってきましたので、ぼちぼち小出しにしていきたいと思います。今回ご紹介するカクテルも実は作ったのはずいぶん前の話です。どなたに「お見舞い」したのかはお話ししませんが、この方にはぽんの似顔絵を書いて頂いたことがあります。一度も会ったことがないのにどうしてこんなにそっくりに描けるのか不思議ですが、とにかく写真かと思うほどそっくりです(キリッ

※ 似顔絵に興味のある方はこの記事の続きをご覧下さい。



さて、今回作らせて頂いたカクテルはこちら。
「ムーンリバー」です。
IMG_1829.jpg

IMG_1859.jpg

レシピは次の通りです。

・ドライジン 20ml
・アプリコットブランデー 20ml
・コアントロー 20ml
・ガリアーノ 10ml
・レモンジュース 10ml
シェークしてグラスに注ぐ。


もともとのレシピはステア(「ミキシンググラス」というかき混ぜるためのグラスに氷とともに入れて、バースプーンでまぜる作り方)のレシピだったんですが、たぶんお酒はあまり強くないんじゃないかなと思いまして、シェークに切り替えて、ジンの角を取ることにしました。

材料の中で、「コアントロー」はお菓子作りでも使うことがあるのでご存知だと思いますが、「ガリアーノ」がよくわかんない材料だと思います。これは薬草のリキュールでバニラフレーバーのするなんとも官能的な味と香りのリキュールです。ボトルもスラリとスタイリッシュな姿で、おしゃれさんにはぴったりだと思います(*ノ▽ノ)
ガリアーノ
以前、カクテルの話題として取り上げたことがありますので、興味のある方はこちらをどうぞ。(記事「お酒は大人になってから(ry」

味の方ですが、アプリコットブランデーとコアントローの華やかな香りと甘さにガリアーノの官能的な香りが合わさって、まさにムーンリバーの名前にふさわしい大人の女性の色気を感じる味です。しかも結構強いです。クラッと来ますよw

※ ニコニコミュ「ぽんの巣」に動画の方もうpしましたので気になる方はそちらでお楽しみくださいませ。
  「ぽんの巣」はプロフィール画面にリンクがあります。  

▽続きを読む▽
2010/01/13 23:51| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークカクテルTB:0CM:6
いよいよ第6回ニコニコ料理祭が始まりましたね♪

さっそくぽんも投稿しました(*^^*)
予定ではレシピ集動画にするつもりだったんですが、思ったよりも忙しくなってしまいまして、あっさりと断念してしまいました。そのかわりといってはアレですが、ぽん&ぺんシリーズ動画の食事シーンありのニヤニヤ動画に仕上げておりますwwwww

これから続々と料理祭動画うpされてくると思います。うp主のみなさまはもう動画をうpされましたか?まだの人はがんばって編集してくださいよー♪ うpしちゃった人はゆっくりと作品をお楽しみくださいませませ。うp主になるかどうか迷ってる人はやっちゃえばいいと思うよ(^▽^)/

お料理好きのみなさま、ニコニコ料理祭を存分に楽しみましょう!
作品を視聴しまくって、うp主さんたちに賞賛のコメを贈ってあげてください。
ニコ動会員じゃない方はこの機会に登録をおすすめしますよ。

※運営のみなさま、ほんとうにおつかれさまです。
 協力できずに申し訳ありませんが、みなさまのご尽力に感謝致します。
 
2010/01/09 00:38| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークぽんの動画TB:0CM:12
公式見解ではぽぺにはまだお正月は来てませんがw、世間一般的には日常が動きだしましたので、ふつうのごはんの話をしたいと思います。

みなさんがよく使う食材ってなんですか?
今現在、ぽんが一番よく使う食材はたぶん「ねぎ」だと思いますが、学生時代を含めた独身時代前半の、まだそれほどお料理をしなかった時代に一番お世話になった食材は「キャベツ」だと思います。卵も外せない食材ではありますが、特に一人暮らし時代は野菜を意識して食べなきゃって思ってましたから、葉野菜の中では日持ちがして、いろいろなお料理に使えるキャベツには本当によくお世話になりました。冷蔵庫には必ず入っていたなぁ。一人暮らし初心者の頃は「野菜=キャベツ」って感じでしたね(^^;)

その頃はツナとキャベツを炒めるっていうのが定番で・・・w
そういう人、結構いるんじゃないですか?

そんなキャベツは独身時代に食べまくってた食材であるとともに、ぽんにとってはニコニコ動画デビュー作でもお世話になった食材でもあります。

先日のことなんですが、ひさびさにそのニコ動デビュー作のお料理を作りました。
魚介とキャベツのさっと煮です。
魚介とキャベツのさっと煮

魚介とキャベツのさっと煮2

動画ではあさりとえびしか使っていませんでしたが、今回はいかも入れてみました。このレシピはテレビで見たレシピをアレンジしたもので、もともとテレビではえびとあさりではなく、いかとあさりを使っていましたので、よりオリジナルに近くなったのかな?いかの色素でやや赤っぽく仕上がってますが、魚介のおだし満点でとてもおいしいです♪

今見ても当時のドキドキ感を思い出すデビュー作です
よかったら、ご覧下さい(=^^=)


動画の中ではお酒を入れるといいよーってアドバイスしてもらってますけど、今回は忘れずにちゃんとワインを入れてますw ワインと言ってもふつうのワインではなく、ベルモット(香りつきのワイン)を入れました。

ベルモットはワインよりも日持ちしますし、ちょっと深い味わいになるので、なかなかおすすめです。もちろんそのまま飲んでもおいしいですし、ソーダで割ると上品かつ軽快な飲み口がなかなかイケる味ですので、常備するお酒のひとつにしてもいいかもしれませんね。うちではノイリープラットという銘柄のドライ(辛口)を常備しています。カクテル材料としては最高のベルモットだと思いますし、それほど甘くなく香りにも強いクセがないので、お料理に使うなら一番おすすめではないかと思います。

余談ですが、カクテルの王様「マティーニ」はジンとドライベルモットを混ぜ合わせて作るカクテルで、カクテルの女王「マンハッタン」はウイスキーとスイートベルモットの組み合わせです。ベルモットというお酒はなじみが薄い方が多いと思いますが、カクテル材料としてはわりとよく使われるお酒です。

動画をうpし始めて1年半ほどになりますが、自分の動画をあらめて見てみると、過去の動画の方が見ていておもしろいんですよね。動画の編集技術もお料理の技術も向上しているはずなのですけどね。たぶん一生懸命さとか、視聴者を大事にするスタンスとか、そういうお料理や動画に対するまじめな姿勢が感じられるからではないかと思います。もちろん、そういうものを今も粗末にしているつもりはないのですが、手探り状態ながらもがんばってる姿に妙に共感しちゃうんでしょうね。

…当時のもぎたてりんごのようなフレッシュさを取り戻さなあきまへんなwww  
2010/01/07 16:20| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:6

お雑煮   

三が日もあと少しで終わりですが、お正月らしい話題をひとつ。

うちは年末年始関係なく、ぽぺともに元日からお仕事でして、お正月と言っても実は普段どおりの生活をしてます。むしろふだんよりバタバタしてるかも。そんなわけですから、もちろんおせちを作る時間もありません。でも、仮にも料理タグの住人が季節感を全く無視するのもアレですから、お雑煮だけは食べました。去年もご紹介したので、覚えておられる方もいらっしゃると思いますが、うちのお雑煮にはぶりの照り焼きがどーんと入ります。(去年の記事はこちら
IMG_6890.jpg
お雑煮写真、ちょっとピンが甘いw

ほんとお雑煮って、地方どころか各家庭ごとのスタイルがあっておもしろいですよね。携帯百景を見ていてもおうちごとにいろんなスタイルがあって、おせち料理ともどもかなり楽しませてもらいました。みなさんのおうちのお雑煮やおせちはどんなスタイルですか?「うちはふつうよ」って思っていても、よそのおうちを覗いてびっくりってことありますよね。去年の記事にぽんの実家のお雑煮の話も書いてますが、これは母方から伝わったお雑煮で、父方は白味噌仕立てであんこの入ったおもちというかなりびっくり雑煮だったりします。去年もみなさんのおうちのお雑煮の話を教えて頂いて、「かつお菜」なるだしいらずのお野菜があるなんていうとっても興味深いお話を聞かせていただきましたよね。今年も聞かせてもらえるかなぁ♪

お話をうちのお雑煮に戻します。去年の日記では「おともだち」に教えてもらったとすっとぼけてますが、もちろん教えてくれたのはぺんさんです(*^^*) ぺんさんと出会って以来、お雑煮はこのスタイルで定着してます。おしょうゆベースのすまし汁に焼かない丸餅、ほうれん草とかまぼこを入れて、どーんとぶりの照り焼きが鎮座っていうスタイルです。

かまぼこのかわりにちくわが入ってるのは去年と同じ理由でして、この時期になると凶悪価格になるかまぼこに手が出なかったからです。お正月はそういう意味でつらい>< 欲しいものが売ってなかったり凶悪価格だったりしますよね。昨日もかなり大きなスーパーにお買い物に行ったんですけど、安い鶏胸肉は売ってないし、家計の味方「【通称】お財布えび(バナメイエビ)」も売ってなくて、ちょっと困りました。ささみと剥きエビで代用したので作るのは問題なかったですけどね。ちょっとコスト的にアレでした。あ、そのお料理は気が向いたらブログに書きますね。最近の更新状況だといつになることやらw

なんかお正月早々渋い内容を含んじゃってさーせんw
あらためまして、今年もよろしくお願いします。

一応、「ぽぺ正月」って呼んでるふたりだけのお正月はかなり遅れてですがちゃんとやってくる予定ですので、夫婦水いらずでゆっくりと過したいと思います。なんと言っても夫婦になって初めてのお正月ですからね♪ 遠距離恋愛の期間が結構長かったので、ゆっくり過した後もぺんさんが遠くに帰って行かないって思うとなんかほっとします。ちょっとこっぱずかしい話をしちゃった?てへっ☆

みなさんはいいお正月を過せましたか?  
2010/01/03 15:19| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:12
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

P1030019.jpg

このブログを始めてから、2度目のお正月を迎えることができました。更新をさぼり気味ではありますが、こうして動画やブログを続けていられるのはみなさまの支えがあればこそと思っております。本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

みなさまとみなさまの大切な人にとって幸多い1年でありますように。
 
2010/01/01 00:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークお知らせTB:0CM:2

プロフィール 

ぽん

Author:ぽん
のんびりが好きです。
あと、お料理とお酒とお寺が好きです。ニコニコ動画、携帯百景、YouTubeでお世話になってます。

 

動画関連プロフィール 

ニコニコ動画プロフィール

 
ニコニコミュ

 
うpしたもの







 
※ニコニコ会員以外の方はこちら
pon
 
※Stickam
pon
 
※YouTubeにも投稿してます
pon

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。