ごはんとお酒のおはなし

こよみ 

 

携帯百景 

よかったらおつきあいください

 

主な生息地ですw

Twitter 

ほとんどつぶやきません

 

いらっしゃいませ~ 

じわ~っときてもらってます

 

まったりして行ってね~♪

滞在者数 

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:
 

のんびりしていってね♪

ぺそぎん 

バロメーター 

 

検索フォーム 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークスポンサー広告
ブログのアクセス数を見ますと、毎日コンスタントにアクセスがあります。
あんまり更新しないブログであるにもかかわらず、わざわざ足を運んで頂きありがとうございます。

正直申しまして、今回の未曾有の大災害を前に何をお話しして良いかわからないのですが、こんなときでも、変らずにアクセスして下さっている方がいらっしゃるのにだんまりを決め込むのも誠意がないというものです。つまらない話ですが、よかったら少しおつきあいください。

おそらくアクセスして下さっている方は、幸いにして今回の震災で甚大な被害を被ることがなかった方だと思います。ぼくも関西在住ということで全く被害を受けていません。被災地のみなさまのことを思えば、日常生活を変わることなく送ることが出来るのはほんとうにありがたいことです。ですが、同じく関西在住のとあるマイミクさんの言葉をお借りすれば「何も悪いことしてないのに罪悪感を感じる」のも事実で、今回の震災で大きな被害を受けなかった人は、多かれ少なかれ同じ思いをお持ちだと思います。

これほどの災害、しかも原発の問題がありますから、未だ現在進行形である状況に、「何かをしたい」「誰かの役に立ちたい」「何もできない、しない自分が不甲斐ない」と焦りにも似た気持ちを感じている人も多くおられると思います。そのプレッシャーからの行動でしょうか、「拡散希望」と不確実性の高い情報を無責任に拡散させたり、「支援」と称して自己満足としか思えない行動を取る人たちを幾人も見かけました。もちろんある程度効果があったこともあるようですから、すべてを否定するわけではありませんが、汗もかかず、お金も出さずに、暖かい部屋でパソコンに向うだけでできる効果的な支援などほとんどないでしょうし、下手をすれば、かえって迷惑をかけてしまいます。それを思えば、こうした衝動的な行動を、流れにまかせて自分の行動原理としてしまうことを「良し」と考える気にはとてもなれません。「思い」をきちんと届けるのはとても難しいことだと思います。

では、自分に何ができるのか?

震災から数日、ぼくも考えました。
所詮、被害を受けなかった自分はただの非被災者でしかなく、被災者のみなさんに貢献できるような技術も能力も、行動力すらありません。何をして良いかわかりませんし、できそうな「(自称)支援」を行ったところで迷惑をかけるだけでしょう。迷惑をかけずにできることは募金くらいなものです。

結局、ぼくが出した結論は「日常生活を全力を送る」ということです。

災害は自然が人間に対して戦いを挑んできている状況で、その結果、多くの人たちの日常生活が破壊され、日本という国の歯車がズタズタに引き裂かれた状態が今の状態です。それを一日も早く元に戻すためには、日本の歯車である自分たち一人一人がその役割を確実に果たすことが一番重要なのだと思います。それこそが、災害への最大の反撃ではないでしょうか。

いつもより少しだけ、自分以外の人たちのことを思い、
いつもより少しだけ、自分の行動に責任を持ち、
被災したみなさまが、一日も早く日常を取り戻せるように祈りながら、
いつもと同じ生活を、全力で送りたいと思います。

そして、いつもよりちょっとがんばって捻出したお金や時間を、少しでも復興のために振り向けることができれば、さらに良いなぁと思います。

この記事こそ、自己満足かもしれませんが、共感して頂ける方がいらっしゃれば幸いです。
ちっぽけかもしれませんが、仕事に、学業に、家庭生活に、それぞれの立場で、日本の歯車のひとつとして、自分の役割を全力で果たしましょう。
スポンサーサイト
 
とあるお友達から、「ぽんさんのカクテル写真の撮影環境を教えて欲しい」というリクエストを頂きました。

あんまり撮影環境の話はしたことがなかったんですが、機会がなかっただけで特に隠してるわけでもないので、今回は静止画撮影のお話をさせて頂きます。まぁ、たいして秘密があるわけでもなく、こんなかんじで撮影してます。
P1040664(1).jpg

P1040663(1).jpg

部屋が散らかってるので引き画では見せれませんが、壁に黒い布を貼り付けて、作業机の上にアイロン台を乗せた「ステージ」をホームセンターで購入したクリップ式のスタンドライト3つで照らしてます。ただし、この環境で撮影するのは料理の写真だけで、カクテルに関しては黒いバックに浮かびあがるような写真を撮るために、スタンドライトは真ん中のひとつだけを被写体とは反対向き(画像では上向き)にして、他の部屋の明かりをすべて消した状態で撮影してます。

こうすると、シャッター速度を遅くして、比較的長時間露光しなくてはいけないので、ブレ防止のためにカメラは必ず三脚で固定し、セルフタイマーを使用します。カメラのことを知らない人はなんのことかわからないかもしれませんが、使用するカメラはぺんさん所有の「EOS KISS X3」で、A-DEPモード、ISO400固定で撮影してます。以前は一眼レフカメラがなかったので、コンパクトデジタルカメラですべての照明を照らして撮影してましたが、カクテル写真は断然この環境の方がきれいに撮れます。

ちょっと比較してみましょうか。
こちらが以前撮影したコンデジでのカクテル写真です。
立体感が乏しく、のっぺりした感じになります。
マルガリータ

今の環境で撮影するとこんなかんじです。
IMG_7364.jpg
ちょっと奥行きがでますよね。

まぁ、ぼくはまだ素人なので参考になるかどうかわかりませんが、気をつけているポイントは、
1.強力な光を直接当てない
2.自分の腕はまったく信じず、とにかく枚数を撮影し、いいものを選ぶ
このふたつです。2に関しては、多いときは一枚の写真を選ぶために100枚くらい撮影します。
この写真ではだいたい20枚撮影しました。素人たるゆえんですな(^^;)

あんまり参考にならないかもしれませんが、いかがでしょうか?
もし何か質問がありましたらご連絡ください。わかる範囲でお答えします。  
【この記事はコメント・トラックバック不可にさせて頂いております】

去年は勝手口ブログの方に記事を書かせて頂きましたが、勝手口ブログの方が更新をさぼりまくって休眠状態ということもありますし、より多くの人にお話しした方がいいかもと思いましたので、今年はこちらの方に書かせて頂きます。普段は明るい話題ばかりのこのブログですが、みなさんに発信できるブロガーという立場を利用して少し重い話をさせて頂きます。

タイトルを見て、関西地区にお住まいの方、関西に縁のある方はピンと来たのではないでしょうか?それ以外の方は何のことかわからないという方も多いと思います。15年という年月は、あれほどまでに衝撃的だった出来事も遠くに連れ去ってしまう年月だと思います。ぽんもぺんさんも幸いにして直接被災したわけではありませんが、当時ふたりとも関西在住でしたので、簡単には忘れられない出来事です。

発生から時間が経過するにつれて、テレビやラジオが被害の様子を明らかにしていきました。単なる数字ではない、命を積み重ねた数字ががどんどん増えてゆくのを目にして、「もう止まって!」と胸が締め付けられるような感覚に襲われたことは今でも鮮明に覚えています。報道から得られる情報だけではありません。自分の身の回りにも直接的な情報があふれかえります。肉親や親友・恋人とようやく連絡が取れて涙を流しながら喜ぶ人、そうではない残酷な結果を受け入れなければならなくなってしまった人・・・。昨日まで何事もない日常だったものが、この瞬間にすべてが変わってしまったのです。15年を経過してもなお、「震災」という言葉ですべてを表現してしまうのは軽々しい気がしますし、直接被災された方に対して「大変でしたね」と簡単に話しかけていいのかどうか迷います。

「命の尊さ」とひとことで言っていいのかどうかわかりませんが、あれほど「命」を感じたことは、プライベートな体験を除けば、他にはありません。当時を覚えている人は、おそらく同じような印象を持っていることでしょう。自分や自分の大切の人ではない、言い方は悪いですが「アカの他人」に対して「命の尊さ」を感じるという体験は、決して繰り返して欲しくはないですが、貴重な体験であったと思います。

もちろん、もう15年も経過したのだから、つらい過去は忘れ去って・・・という意見もあると思いますが、ぼくはせめて毎年この日だけでも思い出すべきだと思います。この日を「命」の重さ・尊さを再確認する日にしたいと思っています。ぼくは所詮、直接被災したわけではありませんから、今こうして語っている言葉も軽いものです。ですが、自分が当時感じたものを少しでも伝えるべきだと思っています。

命があること、大切な人と一緒にいられること、離れて暮らしていてもいつでも相手に会いに行けること、今日と同じように明日がやってくること・・・。日常が続くことに感謝しましょう。そして、それがどれほど貴重なことであるのか、どうか再認識してください。

1月17日 午前5時46分。
今年もまた、このときがやってきました。

合掌。  
以前、大阪に巨大あひるちゃんが来たっていうお話させて頂いたことをおぼえてますか?
「忘れた」「知らん」っていう人はこちらをご覧下さい。

【巨大あひるちゃん】

9.あひる3

もうね、現物見た人はよくわかると思うんですけど、近くで見るとかわいさと異質さに笑っちゃうしかないんですよw かわいいでしょ?街に溶け込んでないでしょ?なかなかこういう光景は見られるもんじゃありません。もしもう一度あひるちゃんに会えるなら会いたいと思っていたら、戻ってきたんですよ!!しかも今度はライトアップされて!!(詳しくはこちら

会いに行くしかないよね!
もちろん行ってきましたよ♪(^▽^)ノ










くらえwww

IMG_6515.jpg

P1010727.jpg

P1010836.jpg

P1010877.jpg

P1010873.jpg

P1010915.jpg

ツリーと並ぶとかわいいよね(*^^*)
P1010845.jpg

P1010828.jpg

P1010893.jpg

今回は前回と反対向きに、岸に向いていてくれたので、ご対面♪
P1010797.jpg
こばわ~♪

P1020030.jpg

P1010989.jpg
大迫力のかわいさ♪

夜景もきれいだったですよー(*^^*)
P1010867.jpg

昼間に見ると街に溶け込まない異質さがおもしろかったんですが、夜はぽっかりと浮かびあがって、街に馴染んでましたよ。ほんと、ここの子になればいいのにw
 

▽続きを読む▽
ただいまでーす♪
西国巡礼・四国遍路から帰ってきましたーo(*^▽^*)o~♪

巡礼中はたくさんのコメントで応援頂きましてありがとうございます。
また、しばらく更新していないにもかかわらず、毎日のようにごアクセス頂いた方もいらっしゃったみたいで、本当にありがとうございます(*^^*)

巡礼中に頂くコメのおかげで、天候や道のりにかなり厳しい場面もあったのですが、いつも誰かに見守られていると感じることができました。ネットを通じてみなさんとご縁ができてよかったなぁとしみじみと感じております。

さて、巡礼のご報告をできるだけ早くさせて頂くべきではあるのですが、何しろぺんさんとふたりで撮影した写真が5000枚程、動画が7時間ちょっとありまして、その整理だけでもかなりの時間がかかるのではないかと思います。前回もその前のお遍路の報告もまだという状態ですので、正式にご報告できるのがいつになるかわかりませんが、気長にお待ちいただければと思います(^^;) たぶん忘れたころになると思いますが、よろしくお願いします。

一応、ざっくりと写真を選びましたので、イメージだけでも伝わればと思います。
立江寺

鶴林寺から

鶴林寺三重塔

薬王寺

津照寺

室戸岬

最御崎寺への遍路道

室戸の朝

金剛頂寺への遍路道

金剛頂寺本堂

室戸の空

実り

神峰寺階段

大日寺鐘

竹林寺

竹林寺参堂

竹林寺五重塔

もちろん、食の方もしっかりと堪能してきました。
続きをご覧いただければ関連の写真があります。
食に関してはこのブログのメインですので、なるべく早くご報告していきたいと思っています。

出発前の記事でも書かせてもらってますが、携帯百景の方ではリアルタイム的に投稿させてもらってますので、よろしければそちらでもお楽しみ頂ければと思います。

西国巡礼はこの写真からスタートです。クリックすると携帯百景のサイトにジャンプします。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

四国遍路はこの写真から。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

オフ会その1「旧西国街道編」はこの写真から。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

オフ会その2「大正区満喫編」はこの写真から。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)  

▽続きを読む▽

プロフィール 

ぽん

Author:ぽん
のんびりが好きです。
あと、お料理とお酒とお寺が好きです。ニコニコ動画、携帯百景、YouTubeでお世話になってます。

 

動画関連プロフィール 

ニコニコ動画プロフィール

 
ニコニコミュ

 
うpしたもの







 
※ニコニコ会員以外の方はこちら
pon
 
※Stickam
pon
 
※YouTubeにも投稿してます
pon

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。