ごはんとお酒のおはなし

こよみ 

 

携帯百景 

よかったらおつきあいください

 

主な生息地ですw

Twitter 

ほとんどつぶやきません

 

いらっしゃいませ~ 

じわ~っときてもらってます

 

まったりして行ってね~♪

滞在者数 

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:
 

のんびりしていってね♪

ぺそぎん 

バロメーター 

 

検索フォーム 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークスポンサー広告

火の力   

朝はパンです。

ほんとはごはんがいいんですけど、まぁ、朝はほら何かと忙しいですから、トースターに放りこんで、焼ける間に身支度整えてって感じです。

焼けたら、自家製の鳥はむ(鶏ハム)とピクルスをはさんでもぐもぐってパターンが多いんですが、この前、なんとなくフライパンにバターを引いて弱火でじっくりパンを焼いてみたんですよ。そしたらね、これがまた、めっちゃうまいんですわ~♪

P1490758.jpg
こちらが焼いてる写真です。パンは山崎のダブルソフト。
トースターで焼くよりも、もっちりしてるっていうのかなぁ。外はサクッと、中は甘さともちもち感が増幅して、バターの香りも一段と広がって、一口食べるごとにささやかなしあわせを感じてしまいます。

やっぱり、アレですかね?
火の力っていうやつですかね?
トースターと違って、ほったらかしにはできませんが、それだけの価値があると思います。

朝の楽しみが少し増えました♪
スポンサーサイト
 
2011/12/14 23:11| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:0
つくりました。

炊飯器で作るから、ジャーポテ・・・

・・・こほん。

とにかく簡単にできるジャーマンポテトとザワークラフトです。
P1490741.jpg

P1490728.jpg

レシピは動画でご覧下さいませ。

 
2011/12/13 01:03| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:0
めずらしく連続してブログ更新です。
といっても、内容はミクシィ日記の焼き直しなんですけどね(^^;)

というのも、ここ数日、なぜかウォッチリストに登録して下さる方が多いなぁと理由もわからずにほくほくしてましたら、ニコ動のトップページに豆腐動画を話題の動画して取り上げて頂いたそうで、ずいぶん前にうpした動画なのですが、おかげさまで料理タグのランキングにもランクインさせて頂き、ありがたい限りでございます。動画を見て楽しんでもらってるなぁとじ~んとしながら、頂いたコメントをニヤニヤと読む楽しみをひさびさに満喫させて頂いております。放置プレーなこのブログの方のアクセス数が増えているのは豆腐動画きっかけではないかと思います。せっかく遊びに来て頂いて何にもお話ししないのもアレですから、初めてご訪問頂いたみなさまへのご挨拶を兼ねての更新でございます。

初めていらっしゃられたみなさま、いらっしゃいませ。
すっかりサボり気味ではありますが、これも何かのご縁ですから、ゆっくりしていってくださいませ。
~(=^‥^)_旦~~ お茶でもどぞ。

ひさびさのご訪問、実はしょっちゅうご訪問のみなさま、いつもありがとうございます(^^)



さて、本題。
今日の話は豆腐動画つながりで麻婆豆腐の話です。
麻婆と言えば、なんと言ってもオバさんの麻婆ですが、ぼくもオバさんの麻婆を口にしてから、覚醒した一人です。オバさんの神動画はこちら。


作るたびに新しい発見があるというほどでもありませんが、試行錯誤しながら、どうすればもっとおいしくできるかと毎回楽しんでおります。

最近気づいたおいしく作るコツをひとつ。
結論から言うと、日記のタイトルの通り、「麻婆豆腐は肉料理」であるということを意識して、肉味噌をおいしく作ればめっちゃうまい!っていう話です。もう一度確認したら、オバさんも動画の中でちゃんと説明してくれてたんですが、頭に入ってませんでした(^^;)

ぽんの作り方のおさらいです。
全部書くのはめんどくさいので、ポイントになる部分だけをちょっと詳しく。
あとは動画で見てください。10分すぎくらいからです。



【動画での作り方】
①肉を投入
 ↓
②油が透明になるまで炒める
 ↓
③しょうが・にんにくを投入
 ↓
④練りもん系の調味料を投入
 ↓
⑤焦がさないように炒めあわせる



先日、「おしゃべりクッキング」を見てましたら、中華の先生が豆板醤を使ったひき肉料理を作っておられまして、ポイントはしっかりと味を乗せたおいしい肉味噌を作ることだと説明しておられました。あの先生の説明はほんとにわかりやすくて、レシピも簡単でおいしいものが多いので、とても参考になります。

これを麻婆に応用して、次のように作り方を改めました。

【改定版】
①肉を投入
 ↓
②油が透明になるまで炒める
 ↓
③練りもん系の調味料を投入
 ↓
④油に透明感が出るまで弱火でじっくりと絡めるように炒める
 (透明感が調味料とお肉になじんだサイン!)
 ↓
⑤にんにく・しょうがを投入して、香りが出る程度に火を通す


要するににんにく・しょうがよりも先に調味料を入れるというだけなんですが、ここがぼくにとってはかなりのポイントだったみたいです。

というのは、みじん切りにしたにんにくとしょうがは焦げやすく、調味料と一緒に炒めようとすると、どうしても余裕を持って作業ができなくなってしまうんです。焦ってしまって調味料がお肉に十分絡まないままってこともあったんですよね。

それを逆にすることで、調味料がしっかりと肉に絡んだということが油の色から確認できますし、弱火で調理するので焦げの心配もぐっと少なくなります。もちろん作りやすくなるだけでなく、しっかりと味の乗った肉味噌は一口かみ締めるごとにうまみがジュワっと広がって、めちゃうまなんですわ♪ なんていうのかな、調味料の量は同じでも、うまみが断然強くなった感じがするんです。また、作るたびに味が多少違うことも多かったんですが、そういうブレも少なくなった気がします。

慣れた人にとっては大した違いではないかもしれませんが、自分の技量に応じて手順を工夫してみるというのがとっても有効だと気づかされた、自分的に「世紀の大発見」だったもんですから、ちょっと報告です。

きっと、このブログをご訪問頂いたみなさんはお料理好きでしょうから、こういう「おおっぴらに紹介するほどじゃないけど、ちょっとしたコツなんよねー」っていう技がひとつやふたつあると思います。もしよかったら、教えて下さいませませ(^▽^)/

あ、ちなみにこちらは今日の、日付が変わったからもう昨日ですが、ばんごはんの麻婆豆腐です。(写真をクリックすると大画面で見られます)今回はねぎの代わりにニラを入れてみました。うんまいよん♪
P1060756.jpg

ごはんがもりもり進みますた♪
P1060780.jpg
 
2011/06/13 00:44| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:6
先日のごはんの話です。動画でもご紹介したことのある「かぶたらべー」でございます。
動画はこちら。独身時代最後の動画ですな。なつかしいw


これ、フライパンひとつでできるし、めっちゃかんたんですので、ぽんのご紹介レシピのなかでもかなりおすすめですよ(^^) なんといってもスープがうまい!

今回は牡蠣も入ったぜいたく仕様です。
ぺんさんもおおよろこびw
ぶなしめじも入れてみました。
P1250954.jpg

P1250959.jpg

シンプルですけど、ベーコンと鱈と牡蠣の出汁に蕪の土臭さが調和して最高です♪
今日もゆずこしょうごはんと蕪の皮の浅漬けを添えて堪能しますた。
 
2010/12/18 23:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:2
いやぁ、すっかりご無沙汰しております。
このブログもTwitterのログ記録状態になっちゃってて申し訳ないです。
それでも遊びに来てくださっている方がいらっしゃるみたいでうれしいですわぁ♪

このところ地味~に仕事が忙しくてですねぇ、仕事中につぶやくひまもないもんですから、Twitterも半放置状態でございます。そうは言っても、せっかく遊びに来てくださる方がいらっしゃるのにまとな更新が全く無しっていうのではあまりにもアレですので、たまにはお料理の話でもしようかと思いまして、こそーり更新しちゃいますw

さて、今回の話題はカレーのお話。
mixi日記でもお話しした内容ですが、リハビリを兼ねてコピペじゃないです(^^;)

カレーはインドさんのカレーに刺激を受けて以来、基本的にスパイスを調合して作る本格(当社比w)インドカレーがデフォになってるんですが、カレー動画以降も着実に進化を遂げております。

インドさんのカレー動画はこちら。


ぽんのカレー動画はこちら。


進化というほどでは無いんですが、まずは豆カレーのお話。
最近、豆のキーマカレーをよく作ります。

やまやさんというリカーチェーンをご存知でしょうか?
うちの近所にもありまして、ビールの箱買いに、カクテル材料の補充に重宝しております。
やまやさんは海外のお値打ち食材も多数扱っておられまして、その中のひとつにひよこ豆の缶詰があります。この缶詰なんですが、なんと98円ととってもお財布に優しい価格設定でございます♪
IMG_5250.jpg

この豆の缶詰、スープ煮というわけではないんですが、スープがわりとおいしいので、カレーに入れるときはスープごと入れます。そうすると豆の旨みのおかげか、ぐっと旨みが増すんですよね。

で、できあがりがこちら。
IMG_5267.jpg

作り方は動画でご紹介したカレーの作り方とほぼ同じです。トマト缶を入れて少し水分を飛ばした後に豆の缶詰を汁ごと入れます。あと、スイートベルモット(香り付きの甘口のワイン)を入れるとグッとおいしくなることをちょっと前に発見しました。あ、ここも進化した点ですw




もうひとつ。

うちの近所にとってもおいしいインド料理のお店(以前ご紹介させていただいた「マナ」さんです)があるんですが、当たり前といえば当たり前なんですけど、そこのカレーの方が自分で作るよりもおいしいんですよね。自分の作るカレーよりも、清々しさというか、さわやかさが引き立ってる気がするんですよ。で、スパイスの調合についていろいろと調べてみて、カルダモンというスパイスを使えばいいんじゃないかなぁっていう結論に達しました。

カレーの写真は無いんですけど、とってもいいかんじの味になりましたので、メモ代わりに。
動画の中でたまねぎとミンチを炒めてから加えているスパイスの調合です。

・ターメリック 大さじ1
・コリアンダー 大さじ1
・クミン 大さじ1
・カルダモン 大さじ1
・チリパウダー 小さじ1
・シナモン 小さじ1
・ナツメグ 小さじ1
・胡椒 小さじ1
・バジル 大さじ1

あくまでも目安なので、きっちり計らなくてもいいと思います。


ちなみに、また別の機会にお話しするかもしれませんが、この配合にさらにタイムとローズマリーを加えたもので作ったスープカレーがまた最高でした♪
タカノツメ、クローブ、ローリエの香りをしっかりと移した油でしょうがとにんにくを炒めて、さらにみじん切りのたまねぎをじっくり炒めて、スパイスを炒め合わせたものを、ポトフに加えるだけなんですけど、めっちゃおいしかったんですよねー♪これもかなーりおすすめです。

スパイスから作るカレーというとどうしても大変そうなイメージがありますが、実際にはルーから作るカレーよりも短時間でできますし、何より「マイブレンド」を楽しめるのが最高です。いつもお料理にスパイスでちょっとよそ行きに仕上げられるのも楽しいですよぉ♪ 興味のある方はぜひおためしくださいませ~♪  
2010/11/28 23:00| | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマークおうちでごはんTB:0CM:4

プロフィール 

ぽん

Author:ぽん
のんびりが好きです。
あと、お料理とお酒とお寺が好きです。ニコニコ動画、携帯百景、YouTubeでお世話になってます。

 

動画関連プロフィール 

ニコニコ動画プロフィール

 
ニコニコミュ

 
うpしたもの







 
※ニコニコ会員以外の方はこちら
pon
 
※Stickam
pon
 
※YouTubeにも投稿してます
pon

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。